校長先生のおはなし Feed

2018年9月19日 (水)

全校集会 校長先生のお話『歩』『走』(9/19)

 全校集会で伝達表彰の後、校長先生のお話がありました。今日の漢字は『歩』『走』です。『歩』も『走』も1歩1歩進むことを表した字です。

 「今日表彰された人たちは陸上にしてもテニスにしても初めから上手にできたり、速く走れたりしたわけではありません。1つ1つ、少しずつがんばって続けた結果です。今、マラソン大会前でグラウンド1万周をめざして全員でがんばっているところですが、ぜひ全員の1歩1歩の積み重ねで達成してほしいと思います。」と話をされました。

P9190129

2018年8月30日 (木)

さあ、2学期! (8/30)

 いよいよ今日から2学期が始まりました。

 1人の欠席者もなく全員が元気に顔を揃えました。今日から転入生が1人増えてちょうど全校児童100名になった荒土小学校です。

 始業式では校長先生から古代文字『百』という文字について紹介がありました。「仲間が増えるということはとてもうれしいことです。でもその分、周りへの気遣いも増やさないといけません。今まで以上に優しい土っ子をめざしてください。」とお話がありました。

 2学期は他の学期と比べると少し長めで、その間には体育大会やマラソン大会など体を動かす行事や、町の文化祭など学習の発表の場となる行事などが盛りだくさん。しっかり体と心を鍛えてがんばりましょう。

P8301430

P8301434

 始業式の最後に、研究主任の先生から「学習のこころがまえ十か条」が紹介されました。

2018年7月20日 (金)

1学期終業式 (7/20)

 今日で1学期が終わります。

 終業式では、校長先生がまず「1学期の間大きな事故もなく全員が健康に過ごせたことをうれしく思います」と話があった後、古代文字『目』『耳』そこから広がってできた『見』『聞』の漢字が紹介されました。「その2つの漢字が合わさって『見聞(けんぶん)』という言葉ができあがります。この夏休みはたくさん目で見て、耳で聞いて、舌で味わって、いろんな物に触れて『見聞』を深めてほしい。」と話をされました。

 そのためにも健康と安全に気をつけて、有意義な夏休みを過ごしてほしいと思います。

P7201390

P7201391

  そのあと生徒指導の先生から「夏休みの生活について」話がありました。

「命をおびやかすいろんなもの・ことから自分を守ってほしい」「SNSなどについておうちの方とのルールを守って時間を大切に使ってほしい」というお話でした。

 8月30日(木)の始業式には99名全員の元気が笑顔が見られますように。

2018年7月11日 (水)

全校集会(校長先生のお話)「組」(7/11)

今日の全校集会での校長先生のお話は「組」でした。

「組」という字は、いろんな色の糸がより合わさって1つの組ひもができあがることをイメージして作られた文字です。荒土小学校の「組」は同じ学年のクラスを意味します。全部で7つの「組」があります。

 新しい学年が始まって3か月が経ちました。もうすぐ1学期も終わりです。どのクラスもいろんな糸が集まってすてきな「組」ができつつあります。

 中でも、すてきな「組」つくりのために、いいところを認め合うひと工夫をしている3年生の例が紹介されました。3年生はクラスの子のいいところを見つけるとペットボトルにビー玉を入れています。ビー玉1つ1つには「いいね」「すごいね」「がんばってるね」というメッセージが込められています。春から取り組み始め、ペットボトルも2本目になりました。

 他の学年も3年生に負けないくらい、お互いを認め合うすてきな優しいクラスを目指してこれからもがんばります。

P7111297

 

2018年6月13日 (水)

全校集会(校長先生のお話『考』)(6/13)

 今日の全校集会の校長先生のお話は『考』でした。

『考』の文字は,髪の長い老人が横を向いている姿だと言われています。

 本校の『めざす子ども像』は「調べ考え表現できる子」「豊かな心で助け合う子」「元気な体でやりぬく子」です。中でも「考える」ということを大切にしています。

 「考える」といってもいろいろと種類がありますが、その中の1つに「自分の意見と他の人の意見を合わせてみる」という方法があります。荒土の炭に花やドングリ人形を組み合わせることにより,荒土小学校ならではの素敵な商品が生まれました。

 このように自分の「考え」に友達の「考え」を足すと、よりすばらしい「考え」が生まれることがあります。自分と他の人の「考え」がちがっても、すぐに「ちがう」と反発してしまうのではなく、よりよいものになるように「考え」てみよう。

 1人でう~んと「考える」ことも大切ですが、仲間と「考え」を合わせて「考え」を深めることで,人として成長するのだと漢字は教えてくれているのかもしれません。

P6131173

 

2018年5月24日 (木)

生活集会 -校長先生のお話『歌』ー (5/23)

 生活集会で伝達表彰に引き続き、校長先生の漢字のお話がありました。

P5240807

 今月の漢字は「歌」という字です。「歌」という文字のつくりの部分の「欠」は「あくび」を表しています。あくびをするように大きな口を開け,お祈りにふしをつけ,歌っている様子を表す文字です。

 この文字を使って校長先生は,運動だけでなく,歌うことや絵を描くこと,読書や算数などたくさんの「好き」を見つけてほしいと話されました。

 もうすぐ(6月7日)市連合音楽会があり5・6年生は発表に向けて一生懸命練習しています。ぜひホールいっぱいに歌を響かせてきてほしいと思います。

2018年3月23日 (金)

♥平成29年度修了式がおこなわれました (3/23)

 修了証書授与式に引き続いて行われた『修了式』では校長先生が、『修了の「修」』という字が表す意味について古代文字を用いて説明されました。元は、人が災いや病をよけるためにおはらいを受けている様子を表した文字ですが、今は勉強や運動などを長い時間をかけてがんばることで身に付くこと、できるようになることを表す字です。

 子どもたちは1人1人が今年1年を振り返り、「修」の文字にふさわしい自分ががんばったことややりとげたことについて考えてみました。また、「これからも自分の目標に向かって継続的にがんばってほしい」という激励のことばを聞く真剣な表情からは「気持ちを新たにがんばろう」という思いが伝わってきました。

 春休みが明けた新学期には、1つ学年が大きくなって堂々とした姿のみなさんに会えるのを楽しみにしています。

2

1

2018年2月15日 (木)

♥全校集会・校長先生のお話 (2/15)

 全校集会の校長先生の漢字のお話、今日の漢字は「助」でした。

Photo「助」の古代文字は農作業に使う鋤き(すき)の形が元になっています。作業の進行を助ける意味を表す字です。

 だれかに困ったことが起きたとき、手をかしてあげよう、解決できるように一緒に考えてあげよう…そんな人になれるといいね。またそんなお友だちどうしでいられるといいね。

2017年12月22日 (金)

♥2学期終業式が行われました (12/22)

 今日で2学期も終わります。終業式の校長先生の漢字のお話は「友」でした。白川文字で「友」は「手」と「手」が合わさってできています。校長先生は春からずっと玄関前でハイタッチとあいさつを続けてきて、だんだん心が近づいてきたことを実感し、とてもうれしいと話をされました。

 引き続き、生徒指導の先生からは冬休み中の生活の注意として『あいさつ』『あんぜん』『家族の役に立つ(低学年はお手伝い・高学年は家の仕事)』を心がけようと話がありました。

Koucyo

Seitosido

 

2017年6月21日 (水)

♡雨で残念…プール開き(校長先生の「水」の話)

 今日予定されていたプール開きは、残念ながら雨のため体育館で行われました。

 まず、校長先生のあいさつで紹介していただいた今日の一文字は「水」でした。

P6211481 古代文字の「水」には大きな川の流れと小さな川の流れが表されていて(現在の2画目、3・4画目)、昔の人は川で命を落とすこともあったのかもしれないと想像することができます。プールの水は流れないけど、安全には十分気をつけて、力いっぱい水を楽しんでほしい。という話でした。

 その後、児童代表あいさつがあった後、学年ごとにプール学習のめあてを発表して会を終えました。

 プール学習が本格的に始まるのは来週からですが、暑さの中に涼しげな水しぶきが上がる夏が待ち遠しいですね