4年 Feed

2018年10月 3日 (水)

目の不自由な方のお話を聞こう4年 (10/3)

 10月3日(水)2限目、市内にお住まいの目の不自由な幅田さんをゲストティーチャーにお迎えして、4年生が「目が不自由な方のくらし」についてうかがいました。

 幅田さんは小さい頃から目が不自由で小学校3年生の頃には片方の視力を失い、中学・高校は盲学校で学ばれました。そのあと鍼灸師の資格を取得しお若い頃は病院に勤務、今はご自宅で開業されています。お仕事のかたわらに「サウンドテーブルテニス」をされていて県内屈指の腕前であるとお聞きしました。

Pa030197_3

 4年生の子どもたちは、事前に考えておいた「目が不自由」ということで困ることなどを幅田さんに次々質問。それに対して1つ1つとてもわかりやすくていねいにお返事をくださいました。

 「買い物はどうしているのか」「家の中の生活で特に困ったことはなにか」「盲導犬をほしいと思ったことはないのか」などの質問に対するお返事の中で、いろんな工夫をされていることや助けてくださる方がおられることがわかりました。

Pa030202_2 

 最後に「(車の)免許は取れますか」という質問に対して「今は目が不自由だと免許は取れません。だけど最近、自動運転の車が出てきています。将来、みなさんの中で『目的地を伝えるとそこまで連れて行ってくれる自動車』を開発してくれる人が出てくれるとうれしいです」とお話しくださって会を閉じました。

2017年9月22日 (金)

♡ようこそ!トルシー先生 (9/22)

 今日はこの夏、赴任されたばかりの、勝山市第11代国際交流員パテル・トルシベン先生(トルシー先生)の訪問日でした。4・5・6年生がそれぞれ1時間ずつトルシー先生と楽しい英語の時間を過ごしました。

 初めての時間なので、トルシー先生はパソコンと大型テレビでクイズを交えながら、好きな食べ物やスポーツについて自己紹介してくださいました。

 これからたくさんお話ができるのを楽しみにしています。

P9221872

P9221876

P9221891

2017年5月30日 (火)

♡苗木のホームステイ説明会が行われました (5/30)

 荒土地区には炭焼きの伝統が残っており、子どもたちも炭入れから炭出しまでの一連の作業を地域の方から学んでいます。今日の苗木のホームステイはその関連行事。炭焼きに使用するコナラ・ミズナラ・クヌギの木をどんぐりから育てて、山へ移植します。

 まず今日は、4年生が山に木が茂ることの重要性や、苗木が何年もかけて大きくなることや、苗木がすくすく健康に育つために大切なことを教えていただきました。

 お話しの後、6年かけて育った苗木を1人ずついただきました。鉢の重みに命の重さを実感した4年生です。

P5301163_2

P5301152_2

P5301157_2

P5301174