« たくさんの子が表彰されました (12/21) | メイン | あけましておめでとうございます(1/8) »

2018年12月25日 (火)

2学期の終業式がおこなわれました (12/21)

  1年で最も長い2学期が終了しました。また2018年も終わりを迎えます。

 2018年が始まるとき校長先生から提案された目標は「みんなで楽しい学校にしよう」でした。

 「楽しい」の『楽』という古代文字になぞらえて校長室の前に置かれた神楽鈴は、毎日たくさんの子どもたちがそれを鳴らして「楽しいことがあったよ」「うれしいことがあったよ」と伝えてくれていました。その音を聞いた人たちが「楽しい」気持ちをおすそ分けしてもらった2018年でした。

 2学期終業式の校長先生のお話では『楽』を表す鈴1つ1つに込められた願いがなんだったかみんなで振り返りました。鈴に込められた願いは「みんなが『元気』で、よく『勉強』し、なによりみんなが『なかよし』でいること」。荒土小学校全体ではけがや病気などで長くお休みする人もなく、勉強も運動もよく頑張っていましたが、自分はどうだったかなと1人1人が振り返りました。

Pc211211

 さあ冬休みです。健康で安全に過ごし1月8日の3学期始業式には全員で元気に会いましょう。