« 情報発信!プレスリリースを公開します (7/11) | メイン | 今日の給食 (7/11) »

2018年7月11日 (水)

全校集会(校長先生のお話)「組」(7/11)

今日の全校集会での校長先生のお話は「組」でした。

「組」という字は、いろんな色の糸がより合わさって1つの組ひもができあがることをイメージして作られた文字です。荒土小学校の「組」は同じ学年のクラスを意味します。全部で7つの「組」があります。

 新しい学年が始まって3か月が経ちました。もうすぐ1学期も終わりです。どのクラスもいろんな糸が集まってすてきな「組」ができつつあります。

 中でも、すてきな「組」つくりのために、いいところを認め合うひと工夫をしている3年生の例が紹介されました。3年生はクラスの子のいいところを見つけるとペットボトルにビー玉を入れています。ビー玉1つ1つには「いいね」「すごいね」「がんばってるね」というメッセージが込められています。春から取り組み始め、ペットボトルも2本目になりました。

 他の学年も3年生に負けないくらい、お互いを認め合うすてきな優しいクラスを目指してこれからもがんばります。

P7111297