フォトアルバム
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
メールアドレス
aradosyo@edu.city.katsuyama. fukui.jp
住所
911-0045 福井県勝山市荒土町伊波2-28
電話・FAX
TEL (0779) 89-2002 FAX (0779) 89-3403

2020年10月29日 (木)

町の特産品をめざして お炭付きしめ飾り

 毎年,4年生は地域のふるさと作り推進協議会の皆さんの力を借りて,「炭焼き体験」をさせていただいています。

 この体験を生かして,炭の有効活用法を考えています。

 これまでに,炭の工芸品や炭石けんを作り販売や頒布活動を通してあたら活用法を提案してきました。

 昨年は竹の飾り炭をつかって「合格御炭付き」のお守りを作り県立図書館で分けてもらうことで,多くの方に荒土の炭をPRできました。

 今年は,昨年の活動を生かして「御炭付きしめ飾り」を作成しました。

 鹿谷町から講師の先生をお招きし,ひょうたんの飾り炭をつけた素晴らしい作品が出来上がりました。

 今後は,町の文化祭で展示するともに,子ども達が地域の方々に,特産品にしてはどうかとPRしていきます。

Osumituki

Img_3538

 

今日の給食

【 献  立 】 ・あげごはん ・玉ねぎのみそ汁 ・きんぴらごぼう ・コロコロおさつ ・牛乳

1030

2020年10月28日 (水)

今日の給食

【 献 立 】 ・ごはん ・卵スープ ・シイラのチリソースかけ ・ナムル ・牛乳

Dscn3647

読み聞かせの日でした。

 今朝は子どもたちが楽しみにしている読み聞かせの日でした。ボランティアの皆様ありがとうございました。

1

2

3

4

5

6

2020年10月27日 (火)

今日の給食

【10月27日(火)の献立】

1027

・若狭牛カレー(ふくいブランド給食)

・野菜サラダ

・ヨーグルト

・牛乳

★若狭牛がゴロゴロ入っていて、とてもやわらかく贅沢なカレーでした。たいへんおいしくいただきました。

2年生生活科「町の人となかよし」

2年生が、3グループに分かれて町探検に行きました。

今回は、「町の人となかよし」になってくる目的で、たくさん質問をし、

町で活躍する人たちのいいところ、すてきなところを見つけてきました。

どのグループも、リーダーを中心に協力しあって、なかよく探検してくることができました。

Cimg0990

Cimg2468

Cimg3869

先生に赤ちゃんが生まれた!

 過日,現在の4年生が1,2年生の時に担任を務められた先生が来校され,かわいい赤ちゃんの顔を見せてくれました。

 帰りの会に4年生の教室にも訪問され,懐かしい再会となりました。

 4年生になって,少しわんぱくになった子やお姉さんになった子も,一気に2年前に逆戻りしたようで,温かいまなざしで赤ちゃんの顔をのぞき込み,先生を祝福していました。

 荒土小では「働き方改革(先生大好き)プロジェクト」として,教職員がゆとりをもって児童と話す機会をもつことを目標にしています。転任されても荒土小のことを大切に思い,子ども達とふれあいの時間をもっていただける先生の訪問は,ありがたいことです。

Baby

2020年10月26日 (月)

半日奉仕 ありがとうございました。

 白山もいよいよ白くなり,冬の足音が聞こえてきました。

 雪に備えて,10月25日(日)PTA半日奉仕作業として,雪囲い作業とエアコンのフィルター掃除などを実施していただきました。

 「安全・衛生プロジェクト」は保護者や外部機関と連携し,学校の環境整備や児童の家庭生活習慣の改善をめざすプロジェクトで,半日奉仕作業はこの一環に位置づけています。

 ほとんどの保護者の皆さんがお集まりいただき,PTA施設委員さんを中心に短時間で作業を終えていただきました。

 学校にとって,保護者の支援はとてもありがたく,作業中の会話を通して心も通じるようで心強く感じます。

 ありがとうございました。

Dscn3635

Dscn3636

対話的な授業をめざして

 23日(金)に市教育委員会から審議監や指導主事をお招きして,授業研究会を開催しました。

 本校の授業研究のテーマは「主体的で対話的な言語活動による,確かな学力の育成」です。

 授業の中で,児童一人一人が考え,友だちの意見と交流することによってより深く考える授業をめざします。

 今日の研究授業は2年生国語。教材は「お手紙」でした。登場人物2人の心情を考えながら,音読劇に向けて読み方を考える内容です。

 少しレベルの高い内容でしたが,子ども達はよく頑張って考えていました。

 Photo

Img_3449

この他に,新採用の先生の3年道徳の授業も参観授業としました。フレッシュで素直な先生に,素直な子ども達が真剣に考えたり発表したりできました。

「自尊感情向上プロジェクト」リーダーとして,「個性の尊重」をテーマに「お母さんのふふふ」を資料として,一人一人の良さについて考えました。

2020年10月23日 (金)

廊下掲示が充実 情報発信プロジェクト

学校からの積極的な情報発信をミッションとする,「情報発信プロジェト」。

その中心は新聞社など報道機関への情報発信。

今年も新聞に掲載された数はすでに22回。

本ブログも毎日更新中です。

このプロジェクトリーダーは事務職員で,運営支援員と協力し校内の情報発信にも努力しています。

今,職員室前廊下の壁面には,過日の遠足写真がびっしり。

廊下を通る児童が,他の学年の様子を見ています。

全校児童の自宅が一目でわかる地図掲示もこのプロジェクトの作品です。

12

34

5

6

Tizu

2020年10月22日 (木)

全校集会で「伝える力」をみがく

 コミュニケーションの基本は「伝える力」「聞く力」と考え,学校生活の様々な場面で話し方,聞き方を鍛える「勉強大好きプロジェクト」。

 今日の業間は児童会の集会で,体育・情報委員会の発表でしたが,発表時はもちろん,発表後の感想を話す場面でも,全校生が発言者の方に体を向け,しっかり聞こうとする態度が見られました。

Photo

Photo_2

2020年10月21日 (水)

新スタイルの業間運動 実施中

 10月の生活目標は「体をきたえよう」。

 さわやかな秋空の下で,業間運動に取り組んでいます。

 担当は「運動大好きプロジェクト」。

 今年はコロナの影響もあり,縦割り色別班を1,3,5班グループと2,4,6班グループに分け,時間走となわとびを交互に行っています。

Photo

Photo_2

2020年10月20日 (火)

あらどスマートルール実施中

 子ども達が安全で,よりよい環境の中で生活できるよう各種機関と連携を取って企画を進める「安全・衛生プロジェクト」。

 中心的な活動が,PTAと連携した「我が家のあらどスマートルール」と「早寝・早起き・朝ご飯運動」です。

 規則正しい家庭生活をおくることを目的に,先週から今週末までの期間,下記の用紙を使って親子で目標を決め,達成状況をチェックしてもらっています。

Photo_3

秋らしく校内掲示

 言葉の力をみがく「勉強大好きプロジェクト」。

 校内掲示も秋らしくなってきました。

 話す言葉,書く言葉による表現力,コミュニケーション力を高めます。

 3年生の「秋の俳句」より

3

2020年10月19日 (月)

くじらぐも

1年生の国語は「くじらぐも」を勉強しています。

体育の時間,空にあらわれた,くじらの形の雲。

みんなで手をつないで大きくジャンプし,くじらの背中に乗ってしまう素敵なお話。

そんな雲が荒土小にも。

マラソン大会の準備運動中に見えた一コマです。

Photo

眼科検診がありました。

 今日は、学校眼科医の小林達治先生による眼科検診がありました。前回に続き、コロナ対策と「お願いします」「ありがとうございました」を会釈でしていました。小林先生からは、視力が下がっている子に「ゲームのしすぎかな?」と伝えていました。

Dscn3618

今日の給食

【ふるさと給食の献立】

1019

・ごはん

・まいたけ汁

・アマダイフライ(ふくいブランド給食)

・おかかあえ

・牛乳

2020年10月16日 (金)

今日の給食

【10月16日(金)の献立】

1016

・ごはん

・厚あげのそぼろ煮

・春巻き

・さつまいもサラダ

・牛乳

※今日の「さつまいもサラダ」に入っているさつまいもは、学校の畑で採れたものです。おいしくいただきました。

定型で話し方を鍛える 1年国語

 今週の1年生は国語の時間に「くじらぐも」を使って勉強してきました。

 今日は,理由をつけて,どの場面が好きかを話す練習をしていました。

 自信を持って話すことができるように,「私は〇〇場面が好きです。」「それは〇〇だからです。」といった定型から話す力を高めています。

1

 

2020年10月15日 (木)

安全対策を万全に 土っ子熊鈴マラソン大会!

 10月15日(木)抜けるような青空のもと,第1回となる「土っ子熊鈴マラソン大会」を開催しました。

 これは,近年の熊の目撃情報に対応して,参加者全員が熊鈴をつけることを条件にした校内マラソン大会です。

 体を動かすことが好きな児童を育てる「運動大好きプロジェクト」の一環として,毎年,学校近辺を走る校内マラソン大会をアレンジしました。

 熊鈴の着用の他,学校から一望できるコースに変更したり,ポイントには保護者ボランティアに よる監察員を配置したりするなどの,安全対策の充実をはかりました。

 コロナによる新しい学校のあり方が議論されていますが,熊対策も今後は重要な課題で有り,自然と共存する新しいマラソン大会のあり方として議論を深めたいと考えています。

 安全対策の効果もあり,事故無く一人一人がめあてに向かって,頑張って走ることができました。

Photo

Img_0817